2010年06月23日

【デッキ考察】インヴェルズ

モンスター(24枚)
冥府の使者ゴーズ
終末の騎士×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
インヴェルズの魔細胞×3枚
インヴェルズの斥候×2枚
インヴェルズ・モース×3枚
インヴェルズ・マディス×3枚
インヴェルズ・ギラファ×3枚
D.D.クロウ×3枚

魔法(12枚)
大嵐
増援
侵略の一手×3枚
闇の誘惑
悪夢再び×3枚
ワン・フォー・ワン
サイクロン
おろかな埋葬

罠(4枚)
侵略の波動×2枚
砂塵の大竜巻×2枚

バック薄いとすぐワンチャンから殺されるのが一番よくないことなんだけど、帝と違って《バトルフェーダー》を出してもその後特に使い道が無いのが辛い。
あと、上級引かないと話にならないんでとりあえず出せる上級ブチ込んだものの《インヴェルズ・ギラファ》以外の上級インヴェルズが割と強くない。《インヴェルズ・ガザス》は要求する生け贄が多すぎて使い物にならないし、質は何でもいいから量的にあと1種類くらい除去持ってるインヴェルズが欲しい。

※6/25追記
《闇の誘惑》と《ワン・フォー・ワン》を入れ忘れてたから入れておいた。特に入れない理由が無い。
posted by LW at 00:24| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

【デッキ考察】ドラグニティ

モンスター(15枚)
ライオウ×3枚
ドラグニティ−レギオン×3枚
ドラグニティ−ファランクス
ドラグニティ−ドゥクス×3枚
ドラグニティ−アキュリス×3枚
D.D.クロウ×2枚

魔法(11枚)
竜の渓谷×3枚
洗脳−ブレインコントロール
月の書×2枚
強欲で謙虚な壺×3枚
サイクロン
おろかな埋葬

罠(14枚)
魔宮の賄賂×2枚
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
神の宣告
神の警告
次元幽閉×2枚
王宮の弾圧×2枚
ゴッドバードアタック×3枚

うーん?
バック強いデッキだから単騎で動けるメタモン入れようって話になると大体《ライオウ》が入る。《霊滅術師 カイクウ》は立ってても死ぬけど《ライオウ》は立っててバックが有ればあんまり死なないし、1800打点と1900打点の差は大きい。
ドラグニティ全般に言えることなんだけど、(《ライオウ》との兼ね合いはともかく)《テラ・フォーミング》で6枚まで積める《竜の渓谷》はあえて3しか積まない理由が欲しい。《強欲で謙虚な壺》で圧縮できる上に初手に来ないと死ぬと言うほどでは無いし、手札に被った時が面倒って理由でとりあえず3だけど、経験に裏打ちされているわけじゃないからドラグニティのレシピを見るたびに気になってしまう。「《竜の渓谷》で《竜の渓谷》切れるから」なんて安直な理由でフルに積んでみてもいいのかもしれない。

モンスター(14枚)
ライオウ×3枚
ドラグニティ−レギオン×3枚
ドラグニティ−ファランクス
ドラグニティ−ドゥクス×3枚
ドラグニティ−アキュリス×3枚
D.D.クロウ

魔法(13枚)
竜の渓谷×3枚
洗脳−ブレインコントロール
月の書×2枚
強欲で謙虚な壺×3枚
テラ・フォーミング×3枚
サイクロン

罠(13枚)
魔宮の賄賂×2枚
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
神の宣告
次元幽閉×2枚
王宮の弾圧×2枚
ゴッドバードアタック×3枚

ドラグニティはまだそんなに触ってないし気になるところがあったら遠慮なくお願いします。
posted by LW at 23:03| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

【デッキ考察】ドラグニティ

一日しか考えてないからもっと頭の良い使い道があるかも。

☆《ドラグニティ−ドゥクス》でできること
・墓地に《ドラグニティ−ファランクス》
シンクロ、レベル6(《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》経由でレベル8)。手札に《ドラグニティアームズ−ミスティル》があれば《ドラグニティ−ファランクス》で踏み倒せるが、火力にしかならない。
・墓地に《ドラグニティ−コルセスカ》《ドラグニティ−ピルム》《ドラグニティ−ブランディストック》
サーチ、直接攻撃、2回攻撃。一番要らなさそうなのは《調和の宝札》で処理できず使いどころが微妙な《ドラグニティ−ピルム》。

☆《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》でできること
・墓地に《ドラグニティ−ファランクス》
シンクロ、レベル8
・墓地に《ドラグニティ−アキュリス》
相手フィールド上のカード一枚を破壊しつつ3800火力
・墓地に《ドラグニティ−コルセスカ》《ドラグニティ−ピルム》《ドラグニティ−ブランディストック》
サーチ、直接攻撃、2回攻撃

☆《ドラグニティ−レギオン》でできること
・墓地にレベル3以下ドラゴン族のドラグニティ何か
相手フィールド上表側表示モンスター一体破壊
・墓地に《ドラグニティ−ファランクス》
シンクロ、レベル5
・墓地に《ドラグニティ−アキュリス》
相手フィールド上表側表示モンスター一体、フィールド上のカード一枚破壊

・墓地に《ドラグニティ−コルセスカ》《ドラグニティ−ピルム》《ドラグニティ−ブランディストック》
サーチ、直接攻撃、2回攻撃。攻撃力が低く満足に効果を使えない
・手札にリカバー用の《ドラグニティアームズ−ミスティル》が有るとベター

☆《ドラグニティアームズ−ミスティル》でできること
・墓地に《ドラグニティ−ファランクス》
シンクロ、レベル7
・墓地に《ドラグニティ−コルセスカ》《ドラグニティ−ピルム》《ドラグニティ−ブランディストック》
サーチ、直接攻撃、2回攻撃

☆ 《ドラグニティ−ミリトゥム》でできること
・手札に《ドラグニティ−ピルム》《ドラグニティ−アキュリス》《ドラグニティ−パルチザン》
シンクロ、レベル6・7。手札を2枚も使ってやることでは無い
・場に《ドラグニティ−コルセスカ》《ドラグニティ−ブランディストック》を装備した《ドラグニティ−ドゥクス》
シンクロ、《氷結界の龍 トリシューラ》。《ドラグニティ−コルセスカ》の効果で《ドラグニティ−ミリトゥム》をサーチできていれば理想的
・3体使わないシンクロ経路もできるけど結局どちらかが単騎で残ってもやること無い。《ドラグニティ−レギオン》は一応《ドラグニティ−パルチザン》《ドラグニティ−ジャベリン》《ドラグニティ−アキュリス》(《ドラグニティ−ファランクス》)装備から《氷結界の龍 トリシューラ》だが、1ターン生存を期待して放置するのも無謀。
ラベル:ドラグニティ
posted by LW at 22:39| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

【デッキ考察】クイックダンディウォリアー

「クイックダンディウォリアー」って名前長すぎ。
Quick
Dandy
Uo-ria-
SDLとかAKBみたいにQDUでいいじゃん。Warriorとか野暮なこと言うな。「キューディーダブリュー」なんて言い辛いでしょう。

モンスター(21枚)
椿姫ティタニアル
邪帝ガイウス×3枚
ローンファイア・ブロッサム×2枚
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
デブリ・ドラゴン×2枚
ダンディライオン×2枚
サイバー・ヴァリー×2枚
クリッター
クイック・シンクロン×3枚
カードガンナー
BF−疾風のゲイル

魔法(11枚)
貪欲な壺×3枚
大嵐
洗脳−ブレインコントロール
精神操作
光の援軍
月の書
ハリケーン
サイクロン
おろかな埋葬

罠(9枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
神の宣告
次元幽閉×2枚
砂塵の大竜巻
激流葬
リビングデッドの呼び声

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
BF−アーマード・ウィング
C(チェーン)・ドラゴン
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン
ターボ・ウォリアー
ドリル・ウォリアー
ニトロ・ウォリアー
ブラック・ローズ・ドラゴン
レッド・デーモンズ・ドラゴン
ロード・ウォリアー
氷結界の龍 トリシューラ×2枚
氷結界の龍 ブリューナク

ネットでの情報を頼りにそれっぽいものを組んで調整したらこんな感じかな。下級の戦闘能力がほとんど無いので返しに殴り倒せることを前提にしている《月の書》よりは《次元幽閉》積んだ方がいい気がする。
posted by LW at 23:28| Comment(2) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

【デッキ考察】メタポワンキル

モンスター(11枚)
巨大ネズミ×3枚
メタモルポット
ディープ・ダイバー×3枚
クリッター
ADチェンジャー×3枚

魔法(29枚)
魔法石の採掘×2枚
魔法再生
大嵐
打ち出の小槌×3枚
太陽の書×3枚
浅すぎた墓穴×3枚
成金ゴブリン×3枚
手札抹殺
手札断殺×3枚
月の書×3枚
皆既日蝕の書×3枚
ハリケーン
サイクロン
おろかな埋葬

罠(0枚)

《ADチェンジャー》が入ってスペース浮いたんで申し訳程度に伏せ除去入れたけど、コンボ入るまでドローするギミックがほとんど無いし特に役に立たない。《太陽の書》と《メタモルポット》を引っ張ってこないとどうにもならなかった前回と比べて、《メタモルポット》さえ引っ張ってくればどうにかなるようにはなったが、リクルしか手段が無いんでネタが割れれば相手が殴ってくれなくなる欠点は解消されていない。《ADチェンジャー》入って戦士増えたから《神剣−フェニックスブレード》絡めてクライスターボのドローシステム搭載できないかなって思ってる。
ラベル:ワンキル
posted by LW at 23:56| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

【デッキ考察】ジェムナイト

Gem knight
Elemental Hero
Machina

モンスター(20枚)
冥府の使者ゴーズ
マシンナーズ・フォートレス
マシンナーズ・ピースキーパー×2枚
マシンナーズ・ギアフレーム×3枚
トラゴエディア
ジェムレシス×3枚
ジェムナイト・ガネット×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
カードガンナー
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス×3枚

魔法(14枚)
貪欲な壺×3枚
大嵐
月の書×3枚
デュアルスパーク×3枚
サイクロン
E−エマージェンシーコール×3枚

罠(6枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
次元幽閉×2枚
激流葬

《ジェムレシス》《E・HERO エアーマン》《マシンナーズ・ギアフレーム》を召喚しつづければ相手はストレスで死ぬ。
《ジェムナイト・フュージョン》って墓地回収しても融合に使用する限りは結局-1アドなのがなんだかなあ。融合体と融合自体にアドを稼ぐ要素が無く、ハンドを増やす方法もバニラが増えるだけで使いやすいアドに直結しない。純ジェムナイトは投了する。
ラベル:ジェムナイト
posted by LW at 21:39| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

【デッキ考察】ジェムナイトのさわり

☆アドバンテージ
《ジェムナイト・ガネット》:無し
《ジェムナイト・サフィア》:無し
《ジェムナイト・ルマリン》:無し
《ジェムナイト・アレキサンド》:±0
《ジェムレシス》:+1
《ジェムナイト・フュージョン》:−2、+1
《ジェム・エンハンス》:−1、除去チェーンで±0

「一人回しで回らないデッキが実戦で回るはずが無い」という持論のもとサンプルデッキを作って回してみた。
なんというか攻め手に物足りない感触。回せるしたまにアドバンテージを稼いだような感覚もするんだけど「結局回して何ができたの?」って聞かれたら答えられない。肝心要の融合ジェムはライフアドバンテージに関してはそれなりの効果(とても満足できる程じゃない)を持っているのに戦線に立つとなると打たれ弱く見えるのが一因かな。なんだかんだで《ジェムナイト・フュージョン》が手札を消費する分アドバンテージ推移に気をつかわないといけない。


テーマデッキを研究する時はありったけの関連カードを詰め込んで役割を確認することから始めるんで、なんかそんな風になってる。今回は関連カードが少なかったんで追加で罠A定食をブチ込んで完成。一応最初期のサンプルってことで載せておきます。参考にはならないだろうししない方がいい。
続きを読む
ラベル:ジェムナイト
posted by LW at 23:04| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

【デッキ考察】スクラップ

スクラップがDOに実装されたから触ってみた。
一枚一枚考察書こうとしたら書いたことがもう大体全部wikiに載ってた。

・下級スクラップの中で《スクラップ・キマイラ》のウェイトは特に重い。蘇生したモンスターを《スクラップ・スコール》で切ってアドバンテージにしたり、普通に《スクラップ・ドラゴン》に繋げて強い。《スクラップ・ゴブリン》《スクラップ・ビースト》で拾えるのがうれしいところ。
・《スクラップ・スコール》の破壊効果が一番最後に行われるのは《スクラップ・ゴブリン》《スクラップ・ビースト》のタイミングを逃さないためだろうけど、墓地送り→破壊の順に処理してくれるおかげで墓地が肥えていないうちから名称の違うスクラップを墓地に送り、《スクラップ・ゴブリン》《スクラップ・ビースト》の効果を能動的に発動できる。実質的にデッキから任意のスクラップをサーチできるに等しい。
・下級モンスターの場持ちが微妙なので手札の《スクラップ・ゴーレム》に繋ぎづらい。出せれば結構強力。
・《スクラップ・ゴブリン》《スクラップ・ビースト》の自壊効果を使う機会は少ない。「フィールド上に表側守備表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された場合」とあるので、裏側守備表示の状態で攻撃対象に選択された場合は効果を発動できないのだ。《スクラップ・ビースト》は元々の守備力が低いしハメるために防御カードを1枚使うんじゃ本末転倒だと思う。
・《スクラップ・カウンター》は《ガード・ヘッジ》でいい。反射ダメージこそ無いとはいえ、読まれにくいしシナジーする《スクラップ・ゴブリン》《スクラップ・ビースト》はどうせ自壊する。《ガード・ヘッジ》を採用する必要があるかどうかさえもともかくとして。
・《スクラップ・エリア》は意外と微妙な感じだ。《スクラップ・ゴブリン》《スクラップ・ビースト》を引いてもワンテンポ置かなければ動かないので解決には遠い。召喚権を使わないとサルベージまで繋げないのがトロい。
・下級モンスターの戦闘能力の低さは如何ともし難い。最序盤に完全に単体で引いたとして戦線をごまかすことのできるモンスターは《スクラップ・ゴブリン》程度のもので、やや心許ない。
・《スクラップ・ハンター》《スクラップ・ポリッシュ》は使いづらかった。効果を満足に活かせる程の展開力がまだ無い。
・《荒野の大竜巻》はある程度使い道もあって《スクラップ・ドラゴン》と噛み合う。





・《スクラップ・ドラゴン》の効果は相手に破壊された場合しか発動しない。さっき「自身を破壊→《スクラップ・ゴーレム》蘇生→《スクラップ・ゴーレム》で《スクラップ・ゴブリン》蘇生→シンクロで相手フィールドのカードを破壊した上で《スクラップ・ドラゴン》(レベル8のシンクロ何か)をもう一回いける」って書いたけど嘘です。
ラベル:スクラップ
posted by LW at 22:09| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

【デッキ考察】メタポワンキル

メタポブレード。

モンスター(12枚)
巨大ネズミ×3枚
ワーム・バルサス×3枚
メタモルポット
ニードルワーム
ディープ・ダイバー×3枚
クリッター

魔法(28枚)
魔法石の採掘×2枚
魔法再生×3枚
打ち出の小槌×3枚
太陽の書×3枚
浅すぎた墓穴×3枚
成金ゴブリン×3枚
手札抹殺
手札断殺×3枚
月の書×3枚
皆既日蝕の書×3枚
おろかな埋葬

罠(0枚)


《魔法石の採掘》《魔法再生》で墓地回収しながら《月の書》《皆既日蝕の書》→《太陽の書》を5・6ループ叩き込んでデッキを減らし、《ニードルワーム》か《手札抹殺》でフィニッシュ。
とかく《太陽の書》と《メタモルポット》を手札か墓地に引っ張ってこられるかが勝負。一回《メタモルポット》リバースに成功してかつ見える領域に《太陽の書》があれば大体即死まで繋がる。召喚権が余っていたとしても《ワーム・バルサス》は使いまわしが効かないから結局5ドローで《太陽の書》を引き当てないといけない。
キーカードの《メタモルポット》と《太陽の書》を引っ張ってくる手段が少ないのが一番の悩み。《メタモルポット》については《巨大ネズミ》《ディープ・ダイバー》を使えるが所詮は戦闘破壊前提。他には《岩投げアタック》《死者転生》という手も無くは無い。《太陽の書》についてはもっと絶望的だけど、《メタモルポット》さえ手に入れば《浅すぎた墓穴》とかで無理矢理引きにいくこともできる。リクルーター使うくらいの遅さだし《封印の黄金櫃》でもいいか。
《魔法石の採掘》で2枚回収とか《連続魔法》が地味にいい仕事をするけど、オーバーキル気味になるだけで別に無くても回る。それよりは始動を安定させたい。
posted by LW at 21:57| Comment(2) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

【その他】ワーム

モンスター(16枚)
ワーム・ヤガン×3枚
ワーム・テンタクルス×2枚
ワーム・ゼクス×3枚
ワーム・クィーン×3枚
ワーム・キング×3枚
ワーム・カルタロス×3枚

魔法(14枚)
未来融合−フューチャー・フュージョン
封印の黄金櫃×2枚
大嵐
継承の印×3枚
我が身を盾に×2枚
サイクロン
ヴァイパー・リボーン×3枚
D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル)

罠(10枚)
奈落の落とし穴×2枚
毒蛇の供物×3枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
神の宣告
激流葬
群雄割拠×2枚



《ワーム・クィーン》を3体落として《継承の印》《ヴァイパー・リボーン》で蘇生・リクルート・殴る。
posted by LW at 22:38| Comment(3) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

【デッキ考察】前期デッキ

モンスター(26枚)
霊滅術師 カイクウ×2枚
魔導戦士 ブレイカー
終末の騎士
邪帝ガイウス×3枚
次元合成師(ディメンション・ケミストリー)×2枚
異次元の女戦士
ライトロード・ハンター ライコウ×2枚
ネクロ・ガードナー×3枚
トラゴエディア
サイバー・ドラゴン
サイコ・コマンダー
クレボンス
クリッター
キラー・トマト
カオス・ソーサラー×2枚
カードガンナー
D.D.クロウ
BF−疾風のゲイル

魔法(10枚)
大嵐
増援
洗脳−ブレインコントロール
月の書×2枚
緊急テレポート
闇の誘惑×2枚
スケープ・ゴート
サイクロン

罠(4枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
激流葬




前期一番よく使ったスタン風のデッキ。環境の最初にデッキが無かったのでとりあえずで仮組みしたものを、調整しながらずっと使い続けてた。もう使うことも無い。
ラベル:デッキレシピ
posted by LW at 22:27| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

【デッキ考察】ディフォーマー

改訂フラゲくらいまでこの前から使い始めたディフォーマーについてでも書こうと思う。
一口にディフォーマーと言っても装備軸とか《D・フィールド》軸とか組み方による派閥が結構多いので、大体こんな感じですよっていうデッキの方向性を示すために最初におおむね平均的なシンクロ軸(と偏見で思う、こればかりはどうしようも無い)レシピを置いとく。

モンスター(20枚)
クリッター
D・リモコン×3枚
D・ラジカッセン×3枚
D・ラジオン×3枚
D・モバホン×3枚
D・ボードン×2枚
D・パッチン×2枚
D・スコープン×3枚

魔法(14枚)
団結の力
大嵐
ダブルツールD&C×3枚
ジャンクBOX×3枚
サイクロン
D・リペアユニット×3枚
D・スピードユニット×2枚

罠(6枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
激流葬
リビングデッドの呼び声
D・バインド

最終的なダメージソースは、シンクロモンスター(特に《パワー・ツール・ドラゴン》)か、多少攻撃力があるレベル4ディフォーマー。
ディフォーマーは表示形式がアイデンティティのように思われてる感があるけど別にそんなことは無く、シンクロ軸なら表示形式変更カードは特に必要無い。

☆簡易効果まとめ
現状でほとんど使ったことの無いモノは小さくした。
《D・リモコン》
攻撃:デッキサーチ
守備:墓地回収
《D・ラジカッセン》
攻撃:二回攻撃
守備:攻撃無効
・《D・ラジオン》
攻撃:1800
守備:1900
・《D・モバホン》
攻撃:リクルート
守備:デッキチェック
・《D・ボードン》
攻撃:直接攻撃
守備:戦闘破壊耐性
・《D・パッチン》
攻撃:投げてサンブレ
守備:六武式耐性
・《D・スコープン》
攻撃:特殊召喚
守備:レベル4
《ダブルツールD&C》
自分:1000アップ、効果無効
相手:攻撃引き受けて道連れ(戦闘破壊された時は発動しない

《D・キャメラン》
攻撃:戦闘破壊で蘇生か代打
守備:オルクス
《D・クロックン》
攻撃:パンプ
守備:波キャノン
《D・チャッカン》
攻撃:バーン
守備:バーン
《D・ビデオン》
攻撃:装備上乗せ
守備:装備上乗せ
《D・マグネンI》
攻撃:シロッコ
守備:デメリット
《D・マグネンU》
攻撃:デメリット
守備:切り込み隊長


☆アドバンテージ推移
基本的には魔轟神のようにカード単位で噛み合せるわけでは無く地道に一体一体非チューナーとチューナーを準備してシンクロを行う。
《機械複製術》《シンクロキャンセル》を使う時や複数のシンクロモンスターを展開する時や《パワー・ツール・ドラゴン》でループもどきが組める時の話はまた後で。
《パワー・ツール・ドラゴン》
ハンド:+1、ボード:±0、合計:+1
《D・モバホン》
ハンド:±0、ボード:大体+1、合計:大体+1
《D・リモコン》
ハンド:+1、ボード:±0、合計:+1
《D・リペアユニット》
ハンド:−2、ボード:+1、合計:−1
《ジャンクBOX》
ハンド:−1、ボード:+1、合計:±0
《D・スコープン》
ハンド:−1、ボード:+1、合計:±0
cf)2体のシンクロ召喚
手札:±0、ボード:−2+1、合計:−1

☆《D・モバホン》で出たモンスター別の対応
・《D・リモコン》
墓地にディフォーマーがいればアドバンテージ、《アームズ・エイド》では貧弱なので非チューナーが欲しい
・《D・ラジカッセン》
相手の場にモンスターがいなければ殴れる。序盤なら守備表示にして次の相手ターンを凌げるかもしれない、チューナーがいればシンクロ
・《D・ラジオン》
殴れるかもしれない、チューナーがいればシンクロ
・《D・モバホン》
もう一回発動
・《D・ボードン》
守備表示にすれば次ターンの戦闘破壊を防げるかもしれない、何かネタがあれば直接攻撃かシンクロ
・《D・パッチン》
《D・モバホン》を切ってまるまるアドバンテージ、チューナーがいればシンクロ
・《D・スコープン》
唯一単体でシンクロできるがあまり強いシンクロは呼べない、手札に何かいればシンクロ
・何も出ない
死ぬ

どの時も《D・モバホン》単機召喚で発動した場合はあまり突破口にならないので特殊召喚手段か防御手段のどちらかがあった方が良い。
《D・リモコン》が出た時のことを考えると墓地に何かあるときに発動した方が良い。

続く。
posted by LW at 01:48| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

【デッキ考察】インフェルニティワンキル 3

・《インフェルニティ・ネクロマンサー》《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》あたりが墓地にいればレベル9がヌルヌル出るし、一度ハンドをゼロにして蘇生を一枚撃てば普通にシンクロビートできそうな感じはするんだけど一度ハンドがゼロになった頃にはもうワンキル出来てしまう。何この無駄な葛藤。

・ワンキル型のインフェルニティは《光の援軍》《ソーラー・エクスチェンジ》フル投入のライロ折衷で回せばいいやとか思ってたけど、下手に墓地が肥えてしまうと駄目。
ワンキルの外せないキーカードに《インフェルニティガン》があるから《インフェルニティガン》が墓地に落ちるとワンキルが厳しくなる。デモコン理論と違って最終的に3枚引っ張ってきてフルに使い切るからそう何枚も墓地に落ちられると困る。モンスターは落ちても《貪欲な壺》でリカバー効かないことも無い(ワンキルするときに墓地にいて欲しいモンスターの最低枚数は意外と少ない)けど《インフェルニティガン》の回収となると少し面倒なことになりそう。どうせデッキからサーチするから《魔法石の採掘》じゃなくて《無欲な壺》《転生の予言》で問題無いのかな?
そうで無くても一回ワンキル失敗した後も《無欲な壺》《転生の予言》でデッキリカバーすればもうワンチャン来る。

・《インフェルニティ・ビートル》がダブって手札に来て困ることが多々あるんだけど、《インフェルニティ・ビートル》リクルートしなくても殺しきれる墓地ってどんな墓地かな?
っていうのは明日考えようと思う。
posted by LW at 00:08| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

【デッキ考察】インフェルニティワンキル 2

墓地に《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》がいる状態から《インフェルニティ・ミラージュ》起動で《トラゴエディア》《ネクロ・ガードナー》無視のワンキル余裕

<場の状態>
手札:《インフェルニティ・ミラージュ》
墓地:《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》
デッキ:《インフェルニティ・ビートル》×2、《インフェルニティガン》×3
@《インフェルニティ・ミラージュ》召喚、リリースして《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》を蘇生
A《インフェルニティ・デーモン》効果発動、《インフェルニティガン》サーチ
C《インフェルニティガン》セット
D《インフェルニティ・ビートル》効果発動、デッキから2体《インフェルニティ・ビートル》特殊召喚
E《インフェルニティ・ビートル》+《インフェルニティ・デーモン》→《大地の騎士ガイアナイト》
F《大地の騎士ガイアナイト》+《インフェルニティ・ビートル》→《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
G《インフェルニティガン》発動、墓地に送って《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》蘇生
H《インフェルニティ・デーモン》効果発動、《インフェルニティガン》サーチ
I《インフェルニティ・デーモン》+《インフェルニティ・ビートル》→《ゴヨウ・ガーディアン》
J《インフェルニティガン》発動、墓地に送って《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》蘇生
L《インフェルニティ・デーモン》効果発動、《インフェルニティガン》サーチ
N《インフェルニティ・デーモン》+《インフェルニティ・ビートル》→《氷結界の龍 ブリューナク》
O《インフェルニティガン》発動、墓地に送って《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》蘇生
P《インフェルニティ・デーモン》効果発動、《インフェルニティ・ミラージュ》サーチ

これで場に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《ゴヨウ・ガーディアン》《氷結界の龍 ブリューナク》《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》が揃う。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》がいる上に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を除いた合計攻撃力が8000を超えているので《ネクロ・ガードナー》《トラゴエディア》は一枚までなら上書きでワンキル。《インフェルニティ・ネクロマンサー》がいる場合と比べてレベル9が出ないので相手の場のカードをシンクロモンスターだけでは処理しづらい。
モンスターは計算が合えば何でもいい。最後にハンドに持ってくるカードも何でもいい。

一回ループコンボをやってしまうと、ループコンボに必要な《インフェルニティガン》がデッキにほとんど残っていないのでもう一度0からワンキルまで到達するのは厳しい。【猫】と違って魔法カードの《インフェルニティガン》がキーカードなので回収もしづらい。
それでもハンドゼロからのトップ《インフェルニティ・ミラージュ》《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティガン》《インフェルニティ・ネクロマンサー》で《インフェルニティガン》の残り具合と《インフェルニティ・ネクロマンサー》の有無次第でレベル5、6、9のシンクロモンスターを適当に出すことくらいはできるはず。
posted by LW at 17:47| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

【デッキ考察】インフェルニティワンキル

☆キーカード
《インフェルニティ・ビートル》
チューナー(効果モンスター)
星2/闇属性/昆虫族/攻1200/守 0
自分の手札が0枚の場合、このカードをリリースする事で自分のデッキから「インフェルニティ・ビートル」を2体まで特殊召喚する。

《インフェルニティ・ミラージュ》
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。
自分の手札が0枚の場合、このカードをリリースし、自分の墓地に存在する「インフェルニティ」と名のついたモンスター2体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。

《インフェルニティ・デーモン》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1800/守1200
自分の手札が0枚の場合にこのカードをドローした時、このカードを相手に見せる事で自分フィールド上に特殊召喚する。
また、このカードが特殊召喚に成功した時、自分の手札が0枚の場合、自分のデッキから「インフェルニティ」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。

《インフェルニティ・ネクロマンサー》
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 0/守2000
このカードは召喚に成功した時、守備表示になる。
自分の手札が0枚の場合、以下の効果を得る。
1ターンに1度、自分の墓地から「インフェルニティ・ネクロマンサー」以外の「インフェルニティ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

《インフェルニティガン》
永続魔法
1ターンに1度、手札から「インフェルニティ」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事ができる。また、自分の手札が0枚の場合、フィールド上に存在するこのカードを墓地へ送る事で、自分の墓地に存在する「インフェルニティ」と名のついたモンスターを2体まで選択して自分フィールド上に特殊召喚する。

☆ワンキル概形
《インフェルニティガン》のキチガイじみた蘇生能力と、《インフェルニティ・デーモン》で《インフェルニティガン》をサーチできることを利用してループを組む。
<場の状態>
手札:《インフェルニティ・ミラージュ》
墓地:《インフェルニティ・ネクロマンサー》×2、《インフェルニティ・デーモン》、《インフェルニティ・ビートル》
デッキ:《インフェルニティ・ビートル》×2、《インフェルニティガン》×2

@《インフェルニティ・ミラージュ》召喚、リリースして《インフェルニティ・ネクロマンサー》×2を蘇生
A《インフェルニティ・ネクロマンサー》×2効果発動、《インフェルニティ・ビートル》《インフェルニティ・デーモン》を蘇生
B《インフェルニティ・デーモン》効果発動、《インフェルニティガン》サーチ
C《インフェルニティガン》セット
D《インフェルニティ・ビートル》効果発動、デッキから2体《インフェルニティ・ビートル》特殊召喚
E《インフェルニティ・ネクロマンサー》×2+《インフェルニティ・ビートル》→《レッド・デーモンズ・ドラゴン》
F《インフェルニティ・デーモン》+《インフェルニティ・ビートル》→《ゴヨウ・ガーディアン》
G《インフェルニティガン》発動、墓地に送って《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ネクロマンサー》蘇生
H《インフェルニティ・デーモン》効果発動、《インフェルニティガン》サーチ
I《インフェルニティガン》セット
J《インフェルニティ・ネクロマンサー》効果発動、《インフェルニティ・ビートル》蘇生
K《インフェルニティ・ビートル》+《インフェルニティ・ネクロマンサー》+《インフェルニティ・デーモン》→《ミスト・ウォーム》
L《インフェルニティガン》発動、墓地に送って《インフェルニティ・ビートル》《インフェルニティ・デーモン》蘇生

これで場に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《ゴヨウ・ガーディアン》《ミスト・ウォーム》《インフェルニティ・デーモン》《インフェルニティ・ビートル》が揃う。《レッド・デーモンズ・ドラゴン》がいる上に《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を除いた合計攻撃力が8000を超えているので《ネクロ・ガードナー》《トラゴエディア》は一枚までなら上書きでワンキル。

適当に書いてみたけど、こんなのは全く考えてない3分だから最初に書いた<場の状態>も多分もっと工夫して減らせるし、もっといいルートはあるはず。
これからやるべきことは二つ。
・どうやって場の状態を整えるかを考える
・どんな場の状態ならどんなワンショットが出来るのか(《ネクロ・ガードナー》がいない、かつトラゴーズがいない読みで8000ダメージを与えるのに必要な最低条件は何か)を正確に把握する

例によって全部闇属性だから墓地を肥やしやすい。なんか《プリーステス・オーム》引いて墓地の状態が整ってればバーンで先攻ワンキル出来るみたいだけどそれは別にいいや。《天魔神 ノーレラス》型もありかも。
更にサポートカードも出ることだしインフェルニティのこれからの成長っぷりが気になる。

続くよ。
posted by LW at 22:20| Comment(2) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

【デッキ考察】ジャンコレワンキル素材集

噛み合わせて最強デッキを作ろう!

☆素材集
・一般
《手札断殺》《手札抹殺》《暗黒界の取引》《名推理》《モンスタゲート》《連続魔法》
・クライス
《封印の黄金櫃》《D・D・R》《アームズ・ホール》《神剣−フェニックスブレード》
・ライロ
《光の援軍》《ソーラー・エクスチェンジ》《ライトロード・パラディン ジェイン》《ライトロード・モンク エイリン》《神剣−フェニックスブレード》《増援》
・暗黒界
《暗黒界の取引》《暗黒界の狩人 ブラウ》《闇の誘惑》《ダーク・バースト》
・ブルーアイズ
《青眼の白龍》《伝説の白石》《調和の宝札》《トレード・イン》
・トゥーン
《ブルーアイズ・トゥーン・ドラゴン》《トゥーンのもくじ》《トレード・イン》《増援》《トゥーン・ゴブリン突撃部隊》
・レイジオン
《魔轟神レイジオン》《魔轟神獣ケルベラル》
・ヴァリー
《サイバー・ヴァリー》《ワン・フォー・ワン》
・チューサポ
《チューニング・サポーター》《ワン・フォー・ワン》《機械複製術》《シンクロキャンセル》
・D
《E・HERO エアーマン》《増援》《デステニー・ドロー》《トレード・イン》《闇の誘惑》
・ジャンコレ
《無謀な欲張り》《異次元からの帰還》《マジカル・エクスプロージョン》


☆その他
・「・一般」っていうのはどこにでも入れられるって意味であって必須っていう意味では無い
・多分クライスは鉄板、《D・D・R》《アームズ・ホール》フル投入で6回の手札交換
・多分ライトロードも鉄板、ワンキルにも使える程手札交換の割が良いって頭おかしい
・《暗黒界の取引》を《暗黒界の狩人 ブラウ》と一緒に引ければ《デステニー・ドロー》っぽくなる
・《アームズ・ホール》を捨てれば《王立魔法図書館》や《E・HERO エアーマン》が出せる、逆に言えば《アームズ・ホール》を捨てなければ通常召喚はできない
posted by LW at 15:11| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

【デッキ考察】ライロ対策

マジでライトロード強すぎるよ…。構築も簡単だし運用も簡単だしライフ計算も簡単。簡単遊戯王再来。
なんかもうやる気しないけど対策でも考えなきゃ。大体信用度順。

・《A・O・J ディサイシブ・アームズ》
鉄板。どこのエクストラにも常備できるが、出せる構築をしていないとあまり意味が無い。剣闘獣では《召喚僧サモンプリースト》or《レスキューキャット》を引けば大体出すことができ、アンデではレベル4+レベル4+《ゾンビキャリア》で出すことができる。
他には《深海のディーヴァ》+《シー・アーチャー》+《簡易融合》or《サイバー・ドラゴン》とか《真炎の爆発》とか。魔轟神でも割と出せる。

・《閃光を吸い込むマジック・ミラー》
鉄板。発動できて相手の《王宮のお触れ》投入が無ければかなり凄く信頼できる罠だと思う。
しかし環境は完全にライロ一色というわけでは無く、アンデや墓地BFに当たる可能性もあるのでメイン投入には踏み切れない。
一度見せてしまうとサイドからの《王宮のお触れ》で対策されるが、見せなくても二戦目から《王宮のお触れ》を投入されるのかどうかは気になるところ。一戦目に存在しなかった《閃光を吸い込むマジック・ミラー》が二戦目に投入されるという先読みで《王宮のお触れ》投入はあるんですかね?

・《ネクロ・ガードナー》《バトルフェーダー》
対策というよりは、《裁きの龍》を通してしまっただけで下級モンスター召喚から4000ダメ程度は確定するので無いと耐え切れない。

・《D.D.クロウ》《A・O・J サイクルリーダー》
《光の召集》《死者転生》を止めたい。《ライトロード・ビースト ウォルフ》に発動したらアド損して死ぬけど、発動しなくてもアド損して死ぬ。

・《ライトニング・ボルテックス》《つり天井》
考え中。並んだライトロード達の後だし処理。《サイバー・エルタニン》素敵。

・《デビル・コメディアン》
効果が不安定な以上「一枚手札を捨てても回りが悪くならない程度」と考えないといけないはず。1デュエル中に2枚引けば確率的に1枚は必ず全体除外になる…と考えられなくも無い。

・《魂の解放》
メリットを具体的に考えると《ネクロ・ガードナー》《黒光りするG》消し、《ライトロード・サモナー ルミナス》の対象消し、《裁きの龍》妨害。落ちるスピードが速すぎる昨今はあまり役に立たない気がする。

・《次元の裂け目》《マクロコスモス》
少し前は発動しても《ライトロード・マジシャン ライラ》《ライトロード・ハンター ライコウ》にバリバリ割られたけど、《光の援軍》が登場したのでそれら自体の投入枚数が少し減った。今までよりほんの少し破壊されにくいかもしれない。使わないんだけどね。
ちなみに《マクロコスモス》は《ライトロード・エンジェル ケルビム》の効果の関係上、相手の動きを待たずに即座に発動した方がいい。

・デッキ切れ狙い
考え中。最近マッチする機会が無いけどして考えなきゃ。
ラベル:ライトロード
posted by LW at 00:32| Comment(2) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

【デッキ考察】星剣闘獣

《神の宣告》規制で
・戦闘でアドバンテージを奪い取っていくテーマデッキなのでモンスターを並べたいのに《激流葬》《聖なるバリア−ミラーフォース−》を警戒しないといけない
・伏せカードを伏せづらくなった

そんな剣闘獣を救う《スターライト・ロード》。
《スターライト・ロード》が完全に受身のカードなのでいわゆる剣闘獣(猫剣)に《スターライト・ロード》をブチ込んで完成。ただ、《大嵐》に対して《スターライト・ロード》を発動する時、他に伏せカードが一枚以上無いと発動できない。若干罠多めの方がいいかも。
《D.D.クロウ》がメインに3枚入りうる環境だし《E・HERO プリズマー》はもう流行らない。

モンスター(19枚)
冥府の使者ゴーズ
召喚僧サモンプリースト
剣闘獣ラクエル×2枚
剣闘獣ムルミロ
剣闘獣ホプロムス
剣闘獣ベストロウリィ
剣闘獣ダリウス
剣闘獣サムニテ×2枚
剣闘獣エクイテ×2枚
レスキューキャット
スレイブタイガー×3枚
X−セイバー エアベルン×2枚
BF−疾風のゲイル

魔法(9枚)
地砕き
地割れ
大嵐
剣闘訓練所(グラディアルトレーナー)×3枚
月の書×2枚
サイクロン

罠(14枚)
和睦の使者
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
次元幽閉×2枚
剣闘獣の戦車(グラディアルビースト・チャリオット)×3枚
激流葬
ダスト・シュート
スターライト・ロード×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
BF−アーマード・ウィング
ギガンテック・ファイター
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
スターダスト・ドラゴン×3枚
ナチュル・パルキオン
ブラック・ローズ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
レッド・デーモンズ・ドラゴン
剣闘獣ガイザレス×2枚
氷結界の龍 ブリューナク

ライトロード「には」勝てそう!
ラベル:星剣闘獣
posted by LW at 19:39| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

【デッキ考察】スキドレネオス

リアルで組みたいデッキのうちカードを完全に所有しているデッキが一つも無いせいでデッキが全く組めない。リアルデッキを回す機会も皆無。
最近エタバトで使ったレシピでも張ってごまかそうと思う。

【スキドレネオス】
モンスター×13
サイバー・ドラゴン
E・HERO ネオス
E・HERO ネオス
E・HERO ネオス
E・HERO エアーマン
E・HERO アナザー・ネオス
E・HERO アナザー・ネオス
E・HERO アナザー・ネオス
E・HERO プリズマー
E・HERO プリズマー
オネスト
オネスト
オネスト
【魔法×11】
サイクロン
増援
E−エマージェンシーコール
E−エマージェンシーコール
E−エマージェンシーコール
O−オーバーソウル
O−オーバーソウル
O−オーバーソウル
古のルール
古のルール
古のルール
【罠×16】
神の宣告
聖なるバリア−ミラーフォース−
激流葬
奈落の落とし穴
奈落の落とし穴
スキルドレイン
スキルドレイン
スキルドレイン
因果切断
魔宮の賄賂
魔宮の賄賂
次元幽閉
次元幽閉
ヒーロー・ブラスト
ヒーロー・ブラスト
ヒーロー・ブラスト

《スキルドレイン》と《魔宮の賄賂》を一緒に引かないと《魔宮の賄賂》がとにかく邪魔。置き物を守らない限りアド損が激しいので伏せようにも伏せられない。守るための置き物を増やそうとしても影響力の強い《次元の裂け目》《王宮の弾圧》あたりはデッキの性質上投入できない。《神の宣告》制限の影響は大きい。
《ヒーロー・ブラスト》で拾ったり、途中で引いたりした《E・HERO ネオス》の処理方法は無難に《古のルール》。余った《E−エマージェンシーコール》で呼んだりするので腐ることはあんまり無かった。除去魔法足りなかったし《ライトニング・ボルテックス》を入れれば良かったと思う。
2600アッパーのモンスター処理に少し困った。やっぱり《神獣王バルバロス》は必要なのかな?異様に《スキルドレイン》を引かないせいで邪魔になったから途中で抜いた。噛み合わせ重視で入れなかったけど《ライオウ》も欲しい場面が多々あったような(《スキルドレイン》が無い時は特に)。《E・HERO アナザー・ネオス》は3枚も要らない。

まとめ:《スキルドレイン》張って守れば強い(張れないから弱い)
posted by LW at 23:01| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

【デッキ考察】アンデワンキルルート

☆手札に《ゾンビキャリア》《異次元からの埋葬》と適当な手札三枚以上かつ一枚はモンスターカード(手札A、手札B、手札Cとする)、場に《ゴブリンゾンビ》がある時(パターンA)
@《ゾンビキャリア》を出し、《ゴブリンゾンビ》とシンクロして《氷結界の龍 ブリューナク》シンクロ召喚
A《ゴブリンゾンビ》効果で《馬頭鬼》サーチ
B《氷結界の龍 ブリューナク》で《馬頭鬼》捨てて何かバウンス(《異次元からの埋葬》をセットしてバウンスしても良い)
C《馬頭鬼》効果で《ゴブリンゾンビ》蘇生
D手札Aをデッキトップに戻して《ゾンビキャリア》自己再生
E《ゴブリンゾンビ》+《ゾンビキャリア》で《ゴヨウ・ガーディアン》シンクロ召喚(《ゾンビキャリア》は除外される)
F《ゴブリンゾンビ》効果で《馬頭鬼》サーチ
G《氷結界の龍 ブリューナク》で《馬頭鬼》捨てて何かバウンス(《異次元からの埋葬》をセットしてバウンスしても良い)
H《馬頭鬼》効果で《ゴブリンゾンビ》蘇生
I《異次元からの埋葬》発動、《馬頭鬼》×2と《ゾンビキャリア》を墓地に戻す
J《馬頭鬼》効果で《ゾンビキャリア》蘇生
K《ゴブリンゾンビ》+《ゾンビキャリア》で《蘇りし魔王 ハ・デス》シンクロ召喚
L《ゴブリンゾンビ》効果で《ゾンビ・マスター》をサーチ
M手札Bをデッキトップに戻して《ゾンビキャリア》自己再生
N《蘇りし魔王 ハ・デス》+《ゾンビキャリア》で《レッド・デーモンズ・ドラゴン》シンクロ召喚(《ゾンビキャリア》は除外される)
O《氷結界の龍 ブリューナク》で《ゾンビ・マスター》捨てて何かバウンス
P《馬頭鬼》効果で《ゾンビ・マスター》蘇生
Q《ゾンビ・マスター》効果で手札C切って《ゴブリンゾンビ》蘇生

これで場には《氷結界の龍 ブリューナク》《ゴヨウ・ガーディアン》《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《ゾンビ・マスター》《ゴブリンゾンビ》が揃う。相手に防御手段が無ければ即死(11000ダメ)。
《トラゴエディア》《ネクロ・ガードナー》は一枚だけなら踏み倒して8000ダメ、丁度ワンキルできる。

☆手札に《ゾンビキャリア》《異次元からの埋葬》と適当な手札一枚(手札A)、場に《ゴブリンゾンビ》がある時(パターンB)
Nまでは同じ
O《馬頭鬼》効果で《蘇りし魔王 ハ・デス》蘇生

場には《氷結界の龍 ブリューナク》《蘇りし魔王 ハ・デス》《ゴヨウ・ガーディアン》《レッド・デーモンズ・ドラゴン》。
相手に防御手段が無ければ即死(10550ダメ)。《トラゴエディア》か《ネクロ・ガードナー》を使われた場合は7550ダメしか入らない。
手札が少なくても7550ダメまでは入るっていうことを示したかった。

☆手札に《ゾンビキャリア》《異次元からの埋葬》と適当な手札一枚(手札A)、場に《ゴブリンゾンビ》がある時(パターンC)
Lまでは同じ
M《馬頭鬼》効果で《ゾンビキャリア》蘇生
N《蘇りし魔王 ハ・デス》+《ゾンビキャリア》で《レッド・デーモンズ・ドラゴン》シンクロ召喚

場には《氷結界の龍 ブリューナク》《ゴヨウ・ガーディアン》《レッド・デーモンズ・ドラゴン》。
相手に防御手段が無ければ即死(8100ダメ)。
相手に《トラゴエディア》《ネクロ・ガードナー》が無いのは確信してるけど《冥府の使者ゴーズ》は持ってるかもしれない時とか。
上のオーバーキルなパターンと比べて《ゾンビキャリア》を墓地に温存しておけるので返しがある。少し工夫すれば《蘇りし魔王 ハ・デス》《馬頭鬼》のセットを墓地に残しておくとか色々できる。

☆その他
一昔前は《ゾンビキャリア》3積みできたし《緊急テレポート》あったし《生還の宝札》もあったから少し妨害来ても余裕で上書きできたけど、今はとにかく脆い。どれか一つでも止まればもう手札0枚だから次のターンに返される可能性がある。
だから一昔前の【シンクロアンデ】を組むつもりでワンキル特化のデッキを組むと2戦目以降は勝てないんじゃないかな。最初に召喚権を使わずに《ゴブリンゾンビ》をどうやって出すのかっていうのも地味に大きな課題。《生者の書−禁断の呪術−》は序盤だと発動できないし、《馬頭鬼》の無駄遣いは良くない。リクルから引っ張ってこられればベスト。

うーん、でももっと効率の良いワンキル手段があるような気がしてならない。
posted by LW at 23:35| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。