2011年01月15日

【デッキ考察】雲魔物シンクロ 2

続き。

☆手札に《雲魔物−タービュランス》、墓地に《黄泉ガエル》
1《黄泉ガエル》SS
2《雲魔物−タービュランス》NS(C:1)
3《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:0)
4Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
5《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》→《フォーミュラ・シンクロン》Draw1
6《フォーミュラ・シンクロン》+《雲魔物−タービュランス》→《氷結界の龍 ブリューナク》
7Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
8《フィッシュボーグ−ガンナー》+《氷結界の龍 ブリューナク》→《氷結界の龍 グングニール》
9Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
10《フィッシュボーグ−ガンナー》+《氷結界の龍 グングニール》+《黄泉ガエル》→《氷結界の龍 トリシューラ》
結果:《黄泉ガエル》+《雲魔物−タービュランス》+Discard3→《氷結界の龍 トリシューラ》+Draw1


《黄泉ガエル》が墓地にいるだけで《氷結界の龍 トリシューラ》が出ないことも無い、というだけで消費を考えると実用性はかなり低い。一旦《黄泉ガエル》を無視して「手札に《雲魔物−タービュランス》のみ」のパターンを行えば場に《フォーミュラ・シンクロン》《TG ハイパー・ライブラリアン》《黄泉ガエル》が揃い、更に《フォーミュラ・シンクロン》でドロー出来る。この場合、
結果:《雲魔物−タービュランス》+Discard3→《フォーミュラ・シンクロン》+《フォーミュラ・シンクロン》+《TG ハイパー・ライブラリアン》+Draw4
という感じ。

☆手札に《雲魔物−タービュランス》《雲魔物−ストーム・ドラゴン》、墓地に雲魔物or《黄泉ガエル》
1雲魔物除外《雲魔物−ストーム・ドラゴン》SS
2《雲魔物−タービュランス》NS(C:2)
3《雲魔物−ストーム・ドラゴン》効果対象《雲魔物−タービュランス》(C:3)
4《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:2)


ここまでが共通。先に《雲魔物−ストーム・ドラゴン》を出しておくことで《雲魔物−タービュランス》のカウンターを一つ稼ぐことが出来る。墓地に雲魔物がいる場合は《雲魔物−タービュランス》が《雲魔物−スモークボール》を3個生成するが、墓地に雲魔物の代わりに《黄泉ガエル》がいる場合は《雲魔物−タービュランス》が《雲魔物−スモークボール》を2個生成し、《黄泉ガエル》を1体特殊召喚する。結局場に供給出来るレベル1水属性の合計数は同じで、やることは全く同じ。

→極力ドローしつつ《氷結界の龍 トリシューラ》に繋ぐパターン
5Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
6《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−ストーム・ドラゴン》→《TG ハイパー・ライブラリアン》
7Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
8《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》→《フォーミュラ・シンクロン》Draw2
9《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:1)
10Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
11《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》→《フォーミュラ・シンクロン》Draw2
12《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:0)
13《フォーミュラ・シンクロン》+《雲魔物−タービュランス》→《氷結界の龍 ブリューナク》Draw1
14《フォーミュラ・シンクロン》+《氷結界の龍 ブリューナク》+《雲魔物−スモークボール》→《氷結界の龍 トリシューラ》Draw1
結果:《雲魔物−タービュランス》+《雲魔物−ストーム・ドラゴン》+Discard3→《氷結界の龍 トリシューラ》+《TG ハイパー・ライブラリアン》+Draw6


今回《雲魔物−スモークボール》を多く使えることで、《氷結界の龍 グングニール》を経由せず《氷結界の龍 トリシューラ》にアクセス出来るようになった。《フィッシュボーグ−ガンナー》では無く《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ素材として使うとそれだけでアドバンテージが得られる。というのも、《フォーミュラ・シンクロン》は《TG ハイパー・ライブラリアン》の影響下において、自身のシンクロ召喚時と自身を用いたシンクロ召喚時に計3ドローし、自身のシンクロ召喚時にチューナー蘇生コストの1枚を捨てる。つまり、手札の推移だけを見ればエネルギー的に差し引き2ドローを内包しているからだ。今回は《フォーミュラ・シンクロン》を2回経由したので4ドロー、《TG ハイパー・ライブラリアン》のシンクロ召喚に使った手札を差し引いて3ドローを獲得しているというわけ。

→《氷結界の龍 グングニール》を経由して《氷結界の龍 トリシューラ》に繋ぐパターン
5Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
6《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−ストーム・ドラゴン》→《TG ハイパー・ライブラリアン》
7Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
8《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》→《フォーミュラ・シンクロン》Draw2
9《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:1)
10《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:0)
11《フォーミュラ・シンクロン》+《雲魔物−タービュランス》→《氷結界の龍 ブリューナク》Draw1
12Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
13《フィッシュボーグ−ガンナー》+《氷結界の龍 ブリューナク》→《氷結界の龍 グングニール》Draw1
14Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
15《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》+《氷結界の龍 グングニール》→《氷結界の龍 トリシューラ》Draw1
16Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
17《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》→《フォーミュラ・シンクロン》Draw2
結果:《雲魔物−タービュランス》+《雲魔物−ストーム・ドラゴン》+Discard5→《氷結界の龍 トリシューラ》+《TG ハイパー・ライブラリアン》+《フォーミュラ・シンクロン》+Draw7


最後に《フォーミュラ・シンクロン》が余っているのは過程13でその分直接シンクロして肉付けしているため。ドロー枚数こそ減っているものの、ここから《アーカナイト・マジシャン》に繋げたり、非チューナーを供給して更なるシンクロ召喚にも繋げることが出来る。
《雲魔物−タービュランス》をシンクロ召喚に使う前に《雲魔物−スモークボール》を出し切らねばならないので、《雲魔物−スモークボール》が2枚必要になることに注意。

→《雲魔物−タービュランス》を回収しつつ《氷結界の龍 トリシューラ》に繋ぐパターン
5Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
6《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》→《フォーミュラ・シンクロン》Draw1
7《フォーミュラ・シンクロン》+《雲魔物−ストーム・ドラゴン》→《氷結界の虎王ドゥローレン》
8《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:1)
9《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:0)
10《氷結界の虎王ドゥローレン》効果《雲魔物−タービュランス》回収
11Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
12《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》→《フォーミュラ・シンクロン》Draw1
13《フォーミュラ・シンクロン》+《雲魔物−スモークボール》+《氷結界の虎王ドゥローレン》→《氷結界の龍 トリシューラ》
結果:《雲魔物−タービュランス》+《雲魔物−ストーム・ドラゴン》+Discard2→《氷結界の龍 トリシューラ》+《雲魔物−タービュランス》(手札)+Draw2


前回の回収パターンと比べてやはり《フォーミュラ・シンクロン》が贅沢に使えるおかげで効率が良くなっている。

《アーカナイト・マジシャン》でターボをかけるパターンは《TG ハイパー・ライブラリアン》《TG ハイパー・ライブラリアン》《フォーミュラ・シンクロン》《フォーミュラ・シンクロン》の布陣から更に《フォーミュラ・シンクロン》をシンクロ召喚してドロー出来るかと思いきや、場のスペースが足りないので不可能。《氷結界の龍 グングニール》経由のパターンで《氷結界の龍 トリシューラ》と並べた方が無難。

続く。
ラベル:雲魔物
posted by LW at 02:07| Comment(2) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
墓地に《黄泉ガエル》しか居ない場合、1の場面で《雲魔物−ストーム・ドラゴン》を出すことができないため、同じ状況にはならないと思うのですが・・・

Posted by Jin at 2011年02月03日 22:01
そうだね、ごめん。

1《黄泉ガエル》SS
2《雲魔物−タービュランス》NS(C:1)
3《雲魔物−タービュランス》効果《雲魔物−スモークボール》SS(C:0)
4Discard1《フィッシュボーグ−ガンナー》SS
5《フィッシュボーグ−ガンナー》+《雲魔物−スモークボール》→《フォーミュラ・シンクロン》Draw1
6《雲魔物−スモークボール》除外して《雲魔物−ストーム・ドラゴン》SS
7《雲魔物−ストーム・ドラゴン》効果対象《雲魔物−タービュランス》(C:1)

まで流して場は《雲魔物−ストーム・ドラゴン》《雲魔物−タービュランス》(C:1)《フォーミュラ・シンクロン》《黄泉ガエル》だからそこからいくつかパターン見るしかないね。
Posted by LW at 2011年02月03日 23:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。