2011年01月08日

【大会】ホビチャン in 新宿ホビステ

参加8人。

・一戦目:【カオス墓地BF】:○×ET×
 一本目
初手から未来置いて動く。伏せをサイクで割りながらミラクルボルテック。
 二本目
序盤はこちらがバシバシ殴るもライコウ効果で墓地シンクロセットが落ちる。シャイニングを女戦士自突で処理され墓地シンクロで数値負け。
 三本目
弾圧が割れずにゲームが停滞してETに入り、ET0ターン目寒波。ヒロブラとクロウで攻めは捌くが寒波で動けずET1ターン目はドローゴーで返す。相手が守りに入ったおかげでET2ターン目もほぼドローゴーで返ってきたものの、肝心のライフは自分3100相手6700で中々厳しい展開。
ET最終ターンの構図はこう。
相手場:《王宮の弾圧》表、伏せ2、《カオス・ソーサラー》横、裏守備1
自分場:《E・HERO アナザー・ネオス》セットと伏せ数枚、《フュージョン・ゲート》、手札《ブラック・ホール》《フュージョン・ゲート》《E・HERO ネオス》《死者蘇生》《強欲で謙虚な壺》《E・HERO ネオス》《ミラクル・フュージョン》。
こちらの伏せは奈落や警告あたりETでは使い物にならないカードばかり。場をホールで掃除してから特殊召喚を連射、弾圧を4回払わせるも400の差が埋められず投了。
投了した後に特殊召喚は全て無効にされているので強謙を発動出来たことに気付き、試しにめくると警告、コール、奇跡。相手に伏せの内容を聞くと奈落宣告。コールのサーチ先はズマーしか残っていなかったので、強謙撃っても負けてた。うーん、良かったけど良くない。

計算用紙を見ながら一本目と三本目の敗因を検討すると、主たる敗因はどう見ても《神の宣告》。一本目はライフ5700でシャイニングへの奈落、三本目はライフ6200でボルテックへの幽閉に神。冷静になって見返すとこれは無い。かつて「初手ソラエクはマスト神」を唱えた程のアドバンテージ主義者だったせいか、今でもどうもライフコストへの危機感が薄い。
三本目は中盤で明らかにミスしたのも響いてる。停滞を解決するべく置いたオーシャンをパペプラで取られて、キャリア召喚に対してヒロブラでオーシャン割ったところ。オーシャンの他にボルテックが縦でいたので「返しにキャリアを殴ってボルテック効果を通すため」と「オーシャンにボルテックを殴られないため」なんだけど、弾圧への回答になるエアーマンが墓地にいる以上はボルテックの帰還よりオーシャンのサルベージ通すべき。意地でもオーシャン処理させずに取り戻すのが正解。
ラベル:非公認大会
posted by LW at 16:44| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。