2010年06月27日

【デッキ考察】ドラグニティ

ドラグニティの初動において目的とすべきは「墓地にドラゴン、手札に鳥獣」の状態を作ること。

@手札に《竜の渓谷》のみ
・《竜の渓谷》発動、適当な手札を一枚切ってドラゴンをサーチ→次のターンサーチしたドラゴンを切って鳥獣をサーチ(±0、未完了→完了)
 手札の減りは激しくないが次のターン《竜の渓谷》が残っていることが前提になる。
@手札に《竜の渓谷》と鳥獣
・《竜の渓谷》発動、適当な手札を一枚切ってドラゴンを墓地へ(−1、未完了)
 手札の減りが激しく、この後鳥獣を召喚してドラゴンを釣ったとすれば残り手札は3枚になる。手札を減らしたくなければ@のパターンで集めることもできる。
A手札に《竜の渓谷》とドラゴン
・《竜の渓谷》発動、手札のドラゴンを一枚切って鳥獣をサーチ(±0、完了)
 最速かつ最安。
B手札に《調和の宝札》とドラゴン
・《調和の宝札》発動(±0、未完了)
 鳥獣が手札で完了。《竜の渓谷》を引いても良し。
C手札に《調和の宝札》と《竜の渓谷》
・《竜の渓谷》発動、適当な手札を一枚切ってドラゴンをサーチ→《調和の宝札》(±0、未完了)
 鳥獣が手札で完了。《竜の渓谷》の墓地送りの効果よりも一枚安く発動できるとすれば悪くは無い。

デッキにドラゴンを多く積むと《竜の渓谷》でドラゴン切りのスタートがしやすくなる代わりに、後半に不要なトップドラゴンが増える。あと、《竜の渓谷》自体を使っていることをアド的にマイナスと考えるべきなのかどうか。同じ場に残るサーチ魔法の《黒い旋風》は一度発動すれば(《黒い旋風》分をマイナスと考えた場合)アドバンテージはトントンになって、初手《黒い旋風》発動後に追加伏せを横におけた。しかし、《竜の渓谷》は発動後に追加伏せを横に置いて返しに《大嵐》を喰らうとアド損になる。《大嵐》では無く《サイクロン》で破壊されるならトントンになるのかと言うとそうでも無く、コストで手札を切った後にクイックエフェクトで破壊されるときは完全にアド損。二戦目以降でインフェ対策から流用される《砂塵の大竜巻》がキツい。同じく流用される墓地対策も厳しい。

それはともかく、《竜の渓谷》って毎ターン使えて手札の要らないカードを有用なカードに変換できるから、手札に加える・捨てる関係は逆だけどシルバーバレット的な戦術を導入できるんじゃないかって思った。《聖なるあかり》3積んで要らない敵は《竜の渓谷》で切る。他にも、二戦目以降のサイドチェンジの時に手札にダブると機能しないメタカードのうち一枚を切っておくような使い方ができるから、「メタカードばかり引いてメインの動きが出来ず事故死」っていう流れを避けられるんじゃないかなとか。もっとも、最近の環境でそういうシチュエーションになったことはあまり無い。
ラベル:ドラグニティ
posted by LW at 22:41| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。