2010年05月28日

【その他】ギルマンアーチャー

500円勿体無いし思ってたより評判いいんで五重奏回収してきた。
レジャーシートとかワッペン付けられても。ぶんちん付いてくるよりマシか。


☆《ニードル・ギルマン》
効果モンスター
星3/水属性/海竜族/攻1300/守 0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上に表側表示で存在する魚族・海竜族・水族モンスターの攻撃力は400ポイントアップする。

☆《シー・アーチャー》
効果モンスター
星3/水属性/海竜族/攻1200/守 200
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在するレベル3以下のモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに1体のみ装備する事ができる。
この効果でモンスターを装備している場合、このカードの攻撃力は800ポイントアップする。このカードが破壊される場合、代わりに装備したモンスターを破壊する事ができる。

一番目に付くのは打点の差。1200〜1700打点のモンスターを相手にするときは《ニードル・ギルマン》が《シー・アーチャー》よりも有利になる。1200〜1700打点のモンスターといえば《終末の騎士》《BF−黒槍のブラスト》《X−セイバー エアベルン》あたり。《BF−蒼炎のシュラ》がはびこる現環境で1200〜1700ラインの争いをすることはあまり無いが、《スノーマンイーター》誤認を狙って《E・HERO アナザー・ネオス》セットとかした時《ニードル・ギルマン》に殴ってこられると厳しい。裏側に平気で殴りかかれるのは失う物が無い者の強さ。
対して《シー・アーチャー》の強みは《奈落の落とし穴》を撃たれないことと装備効果を運用できること。《奈落の落とし穴》されないことでシンクロを妨害される要素を若干減らすことができる。《深海のディーヴァ》から《A・O・J カタストル》を作る時は《A・O・J カタストル》に《奈落の落とし穴》を撃たれるのであまり関係無いが、《簡易融合》から《氷結界の龍 トリシューラ》を作る時は《奈落の落とし穴》にかかからないメリットは大きい。また、シンクロせずに2000打点を作るので《ライオウ》を《深海のディーヴァ》単体で殴り倒せる。ちなみに装備効果は属性や種族に縛りが無くレベル3以下をオールマィティーに装備できる(使っている人にも効果を覚えてない人が多い)。手札に引いても使用済みの《ライトロード・ハンター ライコウ》を装備したり、《クリッター》を装備することができる。2000打点全破壊耐性持ちは事故のリカバーにしては中々に強い。
posted by LW at 23:44| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こっちでは初めましてになりますね

記事のほうなんですが
打点の差ってところのギルマンはディーヴァより有利になる。
ではなく、シーアーチャーより有利になる。
ではないでしょうか?
確認をお願いします。
Posted by 芋 at 2010年05月29日 16:36
ご無沙汰しております。最近大会にはさっぱり出られてないです。今日は渋谷の大会に出ようと思ったらIDカードごと財布を家に忘れるという有様。

御指摘の箇所修正しました。ありがとうございます。
Posted by LW at 2010年05月29日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。