2010年05月15日

【カード考察】シューティング・スター・ドラゴン

アクセルシンクロはダークシンクロみたいな感じでOCG化無いだろうなーと思ってたら普通に情報出ちゃった。ちなみに第7期第2弾はSTAR STRIKE BLASTとかいうらしい。

☆《シューティング・スター・ドラゴン》
シンクロ・効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3300/守2500
シンクロモンスターのチューナー1体+「スターダスト・ドラゴン」
以下の効果をそれぞれ1ターンに1度ずつ使用できる。
●自分のデッキの上からカードを5枚めくる。このターンこのカードはその中のチューナーの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃する事ができる。その後めくったカードをデッキに戻してシャッフルする。
●フィールド上のカードを破壊する効果が発動した時、その効果を無効にし破壊する事ができる。
●相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをゲームから除外し、相手モンスター1体の攻撃を無効する事ができる。エンドフェイズ時、この効果で除外したこのカードを特殊召喚する。


《スターダスト・ドラゴン》フォームチェンジ4回目。仮面ライダーかよ。
・攻撃回数増加
・破壊効果無効
・攻撃宣言無効
の3つの効果を持つ。3つの効果の使えるタイミングはそれぞれ使える状態がはっきりと分かれており、
・攻撃回数増加:自分ターン
・破壊効果無効:両ターン
・攻撃宣言無効:相手ターン
となっている。
・攻撃回数増加
特にコストらしいコストを支払うことも無く最大で攻撃回数を5回まで増やせるが、一度でも攻撃回数を増やすためにはデッキを5枚めくった中に2枚以上チューナーが存在しなければならない。実はこの条件は相当に厳しい。サーチカードやデッキ圧縮を考慮しなければ、大体40枚中約15枚チューナーが投入されていてようやく攻撃回数の期待値が2回程度というところだからだ。計算間違えてたらごめん。15枚がチューナーという比率は冷静に見て多すぎるし、チューナーを大量投入しないならば漠然と出して狙うにはやや心許ない確率になることもわかる。もっとも、このカードをシンクロ召喚する時点でそれなりに専用の構築が必要であるから、その辺は構築段階でよくよく考えよう。要するに工夫せずに使っても有効に働くシーンは少ないということ。デッキトップ1枚だけなら《ゾンビキャリア》あたりを使って操作することもできるが、デッキトップ5個分を確実にコントロールするというのは簡単なことでは無い。自分で《王宮の弾圧》張って自分の《ゾンビキャリア》の蘇生を5回無効にして5パンチだ。
・破壊効果無効
《スターダスト・ドラゴン》から受け継いだ効果。自身をリリースするコストは消え《D.D.クロウ》や後出しの《王宮の弾圧》によって消されなくなったとも取れるが、墓地に逃げられなくなった分場持ちが悪くなったとも取れる。具体的には《スターダスト・ドラゴン》と違って《地砕き》二連射で死ぬようになった。また、《次元幽閉》や《氷結界の龍 ブリューナク》に消されるのは相変わらず。呼び出すまでの手間を考慮すれば、除去耐性は割りに合う程程上がっていないようにも思える。
・攻撃宣言無効
《スターダスト・ドラゴン》が消される主たる原因の一つであった戦闘破壊からも逃げられるようになった。《スターダスト・ドラゴン》と違って素の攻撃力が高く《BF−疾風のゲイル》一枚に突破されることは無いが、《オネスト》の攻撃力は依然として超えられないし、BF側が《BF−疾風のゲイル》と何かを絡めれば割と簡単に突破されうる数値だ。付いていないのと付いているのとでは大分違う。除外するので《D.D.クロウ》に妨害されることも無い。

さて、除去を無効にし攻撃を無効にし連続攻撃できる(かもしれない)最強モンスターに見えて「1ターンに1度ずつ」という制約が付いているのがミソ。相手側の視点から見ると、戦闘破壊含め2個除去を撃てば《シューティング・スター・ドラゴン》はあっさりと死ぬのだ。

召喚条件が特殊な以上はシンクロルートも考察しなきゃいけないのだけど、それは《フォーミュラ・シンクロン》の考察をするときにでもやりたい。《スターダスト・ドラゴン》を出すよりも《フォーミュラ・シンクロン》を出す方が圧倒的に難易度が高いわけで、《フォーミュラ・シンクロン》を出せないデッキでは話にならない。両方並べるともなると最早大概。
幸い唯一のシンクロルートの《フォーミュラ・シンクロン》には《金華猫》あたりを絡めた場合ドロー効果によって±0で出せる可能性が秘められているので、《スターダスト・ドラゴン》を出した分のアドバンテージだけでこのカードを出せるかもしれない。-2でこのスペックのモンスターと考えれば及第点とも取れるか。しかし専用デッキが必要な上に《フォーミュラ・シンクロン》を出すためのパーツが単体で機能しない可能性を考えるとなんだかな。
posted by LW at 02:08| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。