2010年04月14日

【カード考察】強欲で謙虚な壺

☆《強欲で謙虚な壺》
通常魔法
自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選択して手札に加え、残りのカードをデッキに戻す。
「強欲で謙虚な壺」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン自分は特殊召喚する事ができない。

MTGっぽい効果の通常魔法。《衝動》とかこんな効果だった。
アドバンテージの動きとしては「1枚消費して1枚手札に加える」効果であり、《成金ゴブリン》とやや趣きが被る。あちらが1000ポイントを犠牲にしており、こちらは特殊召喚権を犠牲にしている。《成金ゴブリン》と比べて格段に高い質のドローをすることができるが、《成金ゴブリン》を投入するようなコンボデッキでは大抵特殊召喚が必須になり、コンボデッキに4枚目以降として投入するのは大抵適さない。コンボデッキで使えるデッキがあるとしたら図書館エクゾ系のコンボデッキか。
コンボデッキのドローソースというよりむしろ、ビートダウンでの手札の質を高めるのに使えるはず。3枚も引けばどこかに有効な札があるだろうし、仮に完全に全部が死に札でも(それはそれで構築自体に問題がある気がする)取引として損はしていない。特に属性や種族、名前にも縛りが無いので特殊召喚をしなければ生きていけないデッキで無ければ幅広く使える。
いつのまにか駆逐された《黒羽の宝札》と比べ普及するかどうかは果たして。




「効果処理後デッキをシャッフルするか否か(見たカードデッキトップに置くのかどうか)」は裁定待ちだけど、多分シャッフルだろう。デッキトップに置く場合は「デッキの一番上に置く」と明確に表記されるのが常。もっとも、シャッフルしなくても展開を読んで作戦を練れるのは悪い話じゃない。


posted by LW at 22:06| Comment(2) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「強欲謙虚がないデッキはデッキではない」と言われる環境になるんですかね・・・
Posted by at 2010年08月22日 11:12
登場当初から色々な場所に手を広げていますが、うーん、まあ長所短所あるんじゃないでしょうか。
相手に見せてしまう点が素引きするのとは違いますし(特に罠をめくった時)、どちらかのフィールドの《ライオウ》がいる時は死に札になります。自分が《ライオウ》を使うときは《強欲で謙虚な壺》の採用を躊躇うんですが、両方3の人も結構多いですよね。
Posted by LW at 2010年08月23日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。