2010年04月14日

【カード考察】神の警告

11年振りに登場した割りにイラストの神は若返って見える。

☆《神の警告》
カウンター罠
2000ライフポイントを払って発動する。モンスターを特殊召喚する効果を含む効果モンスターの効果・魔法・罠カードの発動、モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚のどれか1つを無効にし破壊する。

魔法と罠がカウンターできなくなった代わりに「モンスターを特殊召喚する効果を含む効果モンスターの効果・魔法・罠カード」をカウンター対象にした《神の宣告》。
特殊召喚という点に注目して《王宮の弾圧》と比較すると、大雑把に見て《王宮の弾圧》と異なるのは
・自分への影響
・SS
・場に残るかどうか
の3点。
・《王宮の弾圧》はお互いに効果を受ける故自らが特殊召喚を行うデッキは《王宮の弾圧》を(あまり)起用できなかったが、《神の警告》は相手に使われることが無いので自身が特殊召喚をしたい場合も投入できる。
・《王宮の弾圧》はSS2なのでダメージステップ中には発動できず、ダメージステップ中に発動する特殊召喚効果を無効にできなかったが、《神の警告》はSS3なのでダメージステップ中の特殊召喚も無効にして破壊できる。具体的には《BF−蒼炎のシュラ》《冥府の使者ゴーズ》、各種リクルーター等。SSという点で言えば、チェーン《トラップ・スタン》に無効にされないというメリットもある。
・一度張れば何度でも《王宮の弾圧》と違い、一度使えばそのまま墓地に行く使い切りであり、長期的な拘束力では《王宮の弾圧》に大きく劣る。しかし場に残らないことは《サンダー・ブレイク》《サイクロン》等の魔法・罠破壊に効果を無効にされないというメリットにもなる。

「召喚」に対応しているのは嬉しいところ。ライフコストの重さ故気軽に打てるわけでは無いが、ライフさえあれば対戦相手によっては機能しない《王宮の弾圧》と比べて完全に腐ることはほぼ無い。盤面を見ながら適当に撃っていこう。

ところで《混沌の落とし穴》も然りとして、ライフコストが重いのはむしろ引きと関係があると思う。ライフポイントがある前半に引けば仕事をするが、後半でライフコストが払えなくなってくる頃に引くと最悪手札を一枚無駄にすることになる。投入枚数を増やせば前半に引きやすくすることができるが、反面後半に引いて腐るジレンマを抱えることになる。減らした場合は(圧縮やサーチが無ければ)引き勝負。











書いといてなんだけど《王宮の弾圧》と競合するカードじゃないね。比較対象をミスった。
posted by LW at 19:03| Comment(0) | カード考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。