2010年02月28日

【雑記】神光の宣告者

モンスター(28枚)
緑光の宣告者(グリーン・デクレアラー)
大天使クリスティア×3枚
神光の宣告者(パーフェクト・デクレアラー)×3枚
朱光の宣告者(バーミリオン・デクレアラー)×3枚
紫光の宣告者(バイオレット・デクレアラー)
マンジュ・ゴッド×3枚
ソニックバード×3枚
センジュ・ゴッド×3枚
スケルエンジェル×3枚
ジェルエンデュオ×2枚
クリッター
オネスト×2枚

魔法(8枚)
大嵐
宣告者の預言(デクレアラー・プロフェシー)×3枚
儀式の準備×3枚
サイクロン

罠(4枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア−ミラーフォース−
激流葬

初手くらいの最速で《神光の宣告者》出して唯一の攻め手《大天使クリスティア》を引くまで粘る。《大天使クリスティア》引いたら出して殴る。勝ち。
雲魔物+宣告者が組めるかもしれないね。《サルベージ》《宝札雲》で手札を水増しできるところも(だけ)噛み合ってる。雲魔物は場の状態が整って手札が噛み合えば普通に強いんだけど、いかんせん一枚一枚のパワーが貧弱過ぎて中々コンボを作らせてもらえない。単体で動かない故に事故率もうなぎのぼり。


posted by LW at 01:35| Comment(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いつもブログ楽しく読ませていただいてます。

自分も神光の宣告者デッキを作っているのですが、テテュスを投入する予定でした。lv6でありかつ宣告者の効果による手札消費対策にです。

LW様はデッキに投入していませんが、入れないほうがいいのでしょうか?
Posted by ラスト at 2010年03月01日 03:13
はじめまして、お褒めの言葉ありがとうございます。
《光神テテュス》を採用しないのは召喚自体が安定しないのと、出すときの損失からですね。生け贄で出しても《神の居城−ヴァルハラ》で出しても「《光神テテュス》自体」と「《神の居城−ヴァルハラ》or生け贄にしたモンスター」で出す際に手札を2枚消費することになります(《マンジュ・ゴッド》《センジュ・ゴッド》《ソニックバード》等を生け贄にして出せればいいのですが、1400打点は維持するにはやや低いです。)。戦闘や除去を避けることができたとしてもそれ以降のターンのドローフェイズに《光神テテュス》の効果で最低3枚ドローしなければ損失を補うことができません。《光神テテュス》で連続ドローを狙うのは意外と難しく、デッキの2/3をモンスターが占めるデッキでサーチカードを考慮しなかったとしても、一回効果を発動できる確率は2/3、二回効果を発動できる確率は4/9であり、既に1/2を切ってしまいます。
長く維持できるパーミッション系統のデッキならば十分強力なモンスターではありますが、《神光の宣告者》の効果の性質上スピードと瞬間手札枚数が大切だと思ったので今回は採用していません。

あと、《光神テテュス》はレベル5ですね。
Posted by LW at 2010年03月01日 14:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。