2011年01月04日

【デッキ考察】ゲートHERO

基本的な動きは省いて、ゲートHEROをいじっていて感じた細かいトピックについて。
基本構造についてはfeathさんのブログがとても詳しいのでブログリンクから是非。

☆不要なHEROについて
・素引きした《E・HERO ネオス》
・最序盤の《E・HERO ボルテック》
・中〜終盤の《E・HERO プリズマー》
・バックが薄い《E・HERO オーシャン》
の4つが使い道の無いモンスター四天王(上からムカつく順)。細かいところで言えば「光を持っていない時の《オネスト》」あたりも入ってくるけど、この4つが特に不要になりやすい。どれも一律に《フュージョン・ゲート》で処分出来るあたり、さすがはゲートHEROというところではあるんだけど。
・《E・HERO ネオス》
積極的に手札に欲しいシーンは皆無。スペックがキチガイじみている《ヒーロー・ブラスト》のためだけに投入している札。手札にある時の使い道は《フュージョン・ゲート》の素材、《超融合》のコストくらいで、《E・HERO アナザー・ネオス》に勝るところは何一つ無い。一度だけ《E・HERO アブソルートZero》を場から離すために生け贄召喚したことが有ったけど…普通は無い。1だと初手引きが怖いんで2から動かない。
・《E・HERO ボルテック》
単体のスペックは無いに等しいコンボ前提のカードで、最序盤に引いて使い道がないのは致し方ないところ。コンボカードで重要なのは相方の投入枚数だが、能動的に除外を行うカードは《ミラクル・フュージョン》《フュージョン・ゲート》6のみで、6に対して3は流石に無い(一応相手の除外札があるんで発動機会はもう少し多い)。コンボカードの割りに相方と時間差が有っても発動出来る上、サーチ手段が多いんで1でいいかなって思う。戦闘ダメージを通す機会は《オネスト》が絡む場合を除けば直接攻撃しか無く、一度潰されてしまえば次のターンに手札に持っていても役割を果たすことは難しいというのもある。
・《E・HERO オーシャン》
手札に欲しいシーンは@相手の展開が鈍くバックが厚いとき、A《フュージョン・ゲート》で《E・HERO アブソルートZero》を出したいとき。墓地に欲しいシーンは《ミラクル・フュージョン》で《E・HERO アブソルートZero》を出したいとき。
@について、そもそもオーシャンビート程バックにスペースを割くデッキでは無く、初手〜3ターン目くらいにかけて立てた《E・HERO プリズマー》を守るのにある程度バックを消費するので、アタッカーとして使えることはそう多くない感。この辺は好みにもよるだろうけど、相手の場が空でも打点の高い《E・HERO アナザー・ネオス》の方を立てたい。Aについて、《E−エマージェンシーコール》《E・HERO エアーマン》からアクセス出来るという大きなメリットはあるものの、3しか積めない《フュージョン・ゲート》との状況を選ぶコンボ前提になるなら《スノーマンイーター》で代用して《E・HERO オーシャン》は1投入まで抑えてもいいんじゃないかと思う。墓地に置く場合も1枚有れば《E・HERO アブソルートZero》の1体は呼べるし、2枚目以降は《E・HERO アブソルートZero》自体が素材になるんでやはり複数枚墓地に置くことに大きなメリットを感じない。
3積んでる人が結構多いんだけど…どうなんでしょう。
・《E・HERO プリズマー》
ある程度手札と墓地と除外が肥えて《ミラクル・フュージョン》《フュージョン・ゲート》《E・HERO ボルテック》あたりが欲しい時の…トップ《E・HERO プリズマー》!これが腹立つ。
キーカードとは言えサーチ手段が豊富で、《増援》《E・HERO エアーマン》《E−エマージェンシーコール》に《強欲で謙虚な壺》も含めれば8択+投入枚数。これだけ有ると投入しなくても引くような気がしてくるよね。3だと多いけども、1だと《神の警告》を貰ったときとかにサーチの後続が続かないんで2が良い。

☆六武メタの流れ弾について
まずは《サイファー・スカウター》。3350/3800を殴り倒すには《E・HERO The シャイニング》でも少し苦労する。素材用の《サイバー・ドラゴン》のピン投入で《E・HERO プリズマー》からの《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》という回答が作れるものの、その《E・HERO プリズマー》はHEROを墓地に送ることが出来なくなるので最序盤ではどう動くか悩ましい。ちなみに、後出し《E・HERO Great TORNADO》で殴ると2800-2675=125ダメージで計算が面倒。
最悪なのが《パペット・プラント》。融合HEROを立たせておくだけで一気にライフが持っていかれ、処理手段が無くとも数値でゲームが決しうる。ただ、やはり《E・HERO アブソルートZero》の抑止力は強く、《E・HERO アブソルートZero》が処理されない限り直接攻撃が通らないのは変わらない。《E・HERO アブソルートZero》奪取のみを考えて《E・HERO アブソルートZero》を奪取されてもワンチャン即死が無いようにプレイすべし。また、《E・HERO アブソルートZero》は相手の場からフィールドを離れた場合でも除外領域で効果を発動し「元々の持ち主から見た相手フィールド上のモンスター」を全て破壊する。例えば、《E・HERO アブソルートZero》リリースで何か召喚に対しては《E・HERO アブソルートZero》が発動し召喚されたモンスターは破壊される。



続く。
posted by LW at 00:05| Comment(0) | デッキ考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。